FX取引をはじめる前に知っておきたいリスクのこと

88hourer
FXには数多くの魅力があり、取引金額は2007年の7,397,110億円から2011年18,471,480億円へ約2,5倍の増加を示し、取引口座数は2007年の1,425,764件から2011年4,423,842件へ約3.1倍と大きな伸びを示しています。最近では出金拒否がない海外FXの人気も急上昇していますが、どちらも手軽に始められるとして個人投資家が利用しているようです。FXはバイナリーオプションとは違ってリスクが高い取引と思われがちですが、両方共必ずリスクはついてきます。正しい知識とリスク管理をすることでFXを楽しむことができるのです。

ただし、取引金額は2009年以降、微減を続けています。また口座数の中で取引が実際に行われている口座数の伸びは、約1.5倍に留まっています。今後は急激な増加は見られないかもしれませんが、一過性のブームには終わらずに定着していきつつある傾向が伺えます。

利益が上がらなければ撤退者が増加し、FX市場規模は縮小を示していくはずですが、大きく伸びた後、急激な現象がないことは、しっかり利益が得ている人が少なからずいることを示しています。しかし、では誰もがFXで利益を簡単にあげられる訳ではありません。FXも元本が保証されていない投資であるので、リスクは存在しています。そのリスクをあらかじめ知っておくことは非常に大切です。主なリスクは以下の通りです。

ちなみにこちらのサイトは88バイナリーオプション.com

予測とは違う方向に価格が推移する

これから上がると思って買った商品の価値がどんどん下がれば、現在の価格−購入した時点の価格が損失になります。

証拠金取引

証拠金取引を利用すると、手持ちの資金が少なくても大きな金額を動かし、投資することができます。うまくいけば一気に資産を増やすことが可能ですが、損失が出た場合も非常に大きなものになります。

リクイディティの停滞

リクイディティとはマーケットの流動性のこと。流動性が停滞すれば値動きがにないので、FXで利益を出すことは難しくなります。

取引システムの問題

自分の判断に間違いはなくても、業者のシステムの問題で注文がスリップしたり、自分の機器の調子が悪くて取引ができなかったり、ということも起こります。

FX業者の経営状況

お金を預けた業者が倒産してしまうようなことがあると、預けていた資金が失われるかもしれません。必ず「信託保全」といって、顧客資金を保証するシステムを利用しているFX業者を選ぶようにしましょう。