アメリカドルは主要通貨の筆頭

hourer8697
■主要通貨とは?

世界中には国ごとに様々な通貨がありますが、それらの通貨の中でも特に国際的な取引で利用されているものを主要通貨と呼んでいます。
もちろん日本国の円も主要通貨のひとつですが、他にはどのような主要通貨があるのでしょうか。それぞれの主要通貨の特徴を紹介したいと思います。

■アメリカドル(USD)

世界最大の大国であるアメリカの通貨アメリカドルは主要通貨の筆頭です。
昔は世界の為替取引のほとんどはアメリカドルでしたが、2008年のリーマンショックの影響で、基軸通貨であることは変わらないものの、かつてほどの力はないようです。

アメリカドルは世界中で注目されているため情報が入手しやすいです。日本でも1ドルが何円なのか、なぜ変動したのかといったニュースは毎日のように見かけますね。
影響力がやや低下したとはいえ、取引量は圧倒的で、投機的な資金が流れてきたとしても為替レートを大きく変動させることができません。
為替レートが安定していれば、FX取引でも大きく損をすることは少ないですので、情報量の豊富さとあわせてFX初心者におすすめなのがアメリカドルです。

■ユーロ(EUR)

ユーロはヨーロッパの24ヶ国で利用されている通貨で、アメリカドルに次に大きな取引量となっています。
影響力の低下したアメリカドルに取って代わるのではないかとの見方もありましたが、EDではギリシャ、イタリア、スペインと通貨危機が続きユーロの信用度は急落しています。
状態がさらに悪化する可能性も、改善される可能性もどちらも考えられ、今後がどうなるかはわかりませんが注目していきたい通貨であることに違いはありません。


■ポンド(GBP)

イギリスはEUには加盟しているもののユーロは導入していません。
かつてはアメリカドルとポンドが世界を牽引していましたが、イギリスもかつてほどの勢いはなく、世界経済への影響力も限定的となっています。
それでもポンドは日本円と同じ程度の取引規模であり、主要通貨のひとつであることには間違いありません。
ただし、ポンドは投機的な取引の影響を受けやすいので、慣れない内はあまり関わらない方がいい通貨かもしれません。

■通貨ペアは多い方がいい?

このことについては、先日私のFX ブログでも述べましたが、FX取引の場合には、FX事業者があつかっている通貨しか取引することができません。
円でドルを買ったり売ったりはどこの事業者でもできるでしょうが、マイナーな通貨になると取り扱っていない事業者というのもあります。
取引できる通貨の組み合わせを通貨ペアといいます。もちろん通貨ペアが多い方が、取引の幅は広がります。
このへんはどこの証券会社を利用しても、取引できる株式が変わらない証券会社の選択とは大きく違いますね。

円、ドル、ユーロのような主要通貨だけを取引するのであれば、どこの事業者でもいいでしょう。
しかし、世の中にはたくさんの通貨があるわけですから、マイナーな通貨も取引できる可能性があった方がいいと思いませんか。
通貨ペアというのは少ないところでは10程度、多いところでは100を超えるところもめずらしくはありません。

もちろん、そんなにたくさんの通貨を取引することはあまりないかもしれません。
特に初心者の内は主要通貨が中心でしょうから、通貨ペアが少なくても困るということはありません。
ですが、もし特定の国の通貨を取引したいと思ったときに、自分のFX事業者では扱ってなかったら残念ですよね。

ちなみに通貨ペアが10ぐらいの場合には、アメリカドル、ユーロ、ポンド、カナダドル、スイスフラン、オーストラリアドル、ニュー時ランドドルあたりと円を取引でき、さらにアメリカドルとユーロ、アメリカドルとポンドが利用できるような感じになると思います。(通貨ペアについての詳しくアドバイスしてくれたXM.comのサポートに感謝します。)